ゴミ箱

捨てるには

ちょうど良いくらいの

夢ばかりを見て

遠くから

窓の桟から

彼方覗いて

ちっぽけな

あの影が薄くて

ウワノソラ

ダメになりそうな

夢ばかり

いくらでも集めてる

忘れはしないけど

いらなくなって

心の中に

ゴミ箱置いてさ

かさばるほどに

重ねるごとに

さようなら

再生すら

煩わしいのに

精製してさ

汚れまみれの

私自身で

どこまでいけるだろうか?

どこまでとどくだろうか?

歩いて行くよ。

忘れはしない。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログへ

コメントもお待ちしてます♪

フォローする