夜明け

カーテンを握りしめ

毎朝確認している

夜明けが

来ているかどうか

不安の暗闇が

過ぎ去ったのを見出して

絶対に来るなんて

ありえないのだから

無限の暗闇が

覆う時が来るかもしれない

この先行きに

だからこそチカラ強い

鼓動が漲る

心は惑い 迷い 愁い

しかし手は

カーテンを握りしめ

夜明けが待っていてくれる

それならば

共に歩める

明らかな正解は

ひとつもなく

振り向かず

全うしたい

夜明けが示す

果てしない道

ただひたすらに

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログへ

コメントもお待ちしてます♪

フォローする