あの美しき蝶

羽ばたいている

その体は細く長く

滑稽なほど脆いくせに

毛虫の時は決して後退せず

サナギの時はきびしき冬を

乗り越えて  更に今成長し

花よ花よと飛び回り

蛾のように低く飛ばず

鳥のように高く飛ばず

夏の光や  春の風に

誘われて

明日で終わる生命など

省みず

滑稽なほど脆いくせに

一生懸命  そう美しく

羽ばたいている

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログへ

コメントもお待ちしてます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パンダ より:

    くまたんさんありがとうございます褒めていただき嬉しく思います^_^更新だけは毎日しますのでよろしくお願いしますm(__)m

  2. くまたん より:

    こんばんは。蝶は短い期間しか生きられないから儚くて美しいですよね。今日の詩も素敵でした。

    • パンダ より:

      そうですね。この季節自分の故郷では舞い上がっていることと思います。美しい蝶が・・くまたんさんのコメント励みになります。ありがとうございます。