夜の草原

草原の空に光る温かな星を
手を伸ばしてかき集め
ネックレスにして首にかけた
胸の奥にあった闇が小さくなり僕は生を感じる
胸の奥にあった荒れた波が静まって僕は安らぎを見出だす
なんて幸福なときなんだ
このときがずっと続けば良いのに
僕は草の上に寝転んで三日月を眺めた
それはまるで僕の心に刻まれた傷口のようだった
風が草原を撫でるように揺らしていく
僕は草原の一部になり夜空を仰いだ
永遠があるというのなら
その永遠を虹色に染めて
この身を包んでほしかった
不安が訪れないように
死が訪れるまで

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログへ

コメントもお待ちしてます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする